たんぼ宅配便~あぜ道便~

さまざまな情報を雑学を交えてお届け!ぜひ立ち寄ってね!

*

ごちゃ混ぜと特化型。各ブログのアドセンス広告の配置を考察

      2015/11/09

Pocket

eyeCatch9

アドセンス広告最適配置の根拠を交えた考察

スポンサーリンク

相手の気持になって考える事は超重要

読者は人間です。
あなたは、あなたのサイトに訪れた読者になったつもりで
ここがこうならもっと
アクセスが伸びるのでは?

こうなら見やすい・使いやすい

って言うのを意識することは
とても大切です。

サイトレイアウトしかり、
広告の配置しかり、
いろいろと見えてくるものがあります。

※当記事はオリジナルの考察記事であり、
検証及び実績のデータがありません。
すべて推測での記述となります。
よって記事中の
「だろう」
「思います」
は割愛します。

自信があるポイントについては
強い言い回しをしています。

当記事のアドセンス配置案に変更した事での
収益の変動については
一切保証しません。

すべては自己責任でお願いします。

実際に検証して頂いた方が居られましたら、
上部のグローバルメニュー、
右端『お問い合わせ』より
詳細を教えてもらえると嬉しいです。

スポンサードリンク

アドセンス広告について

当ブログは
グーグルアドセンス広告によって
収益が発生しています。

クリック率は基本的に
0.3%~1%程度と言われています。

アクセス数が多ければ多いほど
クリック率を上げる事の
重要性は大きくなります。

ここに辿り着いて
当記事を読んでいる方は
ご存知かと思います。

某サイトではクリック率を
3.4%まで引き上げる事に成功
との記事がありましたが、
内容を見ると誤クリックの誘発狙いでした。

アドセンスの規約とペナルティー

アドセンスの規約には
『読者が広告に興味を持ち意図的にクリックする』
との項目があります。
上で挙げた誤クリックの誘発は
アドセンスの規約に違反します。

あまりにも高いクリック率では
グーグル側からのペナルティーにより
広告の配信停止をくらい
収益が0になる恐れがあります。

審査がとても厳しいので、
再申請を受理されるのもかなり大変です。
ブログ生活者ともなれば死活問題です。

当ブログのアドセンス配置について

私はブログを開設して
1ヶ月足らずの初心者です。

当ブログのテーマは
stinger5を使用しています。

1つの広告はとりあえず、
ブログの記事中で
上の方に貼っています。
根拠はありません。

他の2つの広告については、
stinger5において
記事下に2つの広告を並べる
(ダブルレクタングル)配置に変更した所、
クリック率アップに繋がるとの情報の元、
この配置を採用しました。

しかし、
配置について調べていると
実際にダブルレクタングルに切替えたら
クリック率が低下した事例を
実際の波形を交えて記した
ブログ記事もありました。

他に調べても
『ブログによって良い配置は異なる』
『いろいろ試してみてね!』
なんてざっくりしたものばかり。

どんなブログに
どんな配置をすればいいのかが
書かれていないんですよ。

このブログはどんなブログ?

ブログ記事を書く際の意識

・文字数を沢山書くように意識している
理由はブログにパワーを持たせるため。

・文字数を沢山書くために
独自の余談や雑学、
感想を交えて記事にしている

・ブログへのアクセスは
検索エンジンからの流動が大半を占めるため、
SEOについて意識している

検索エンジンからの流動と媒体について

前述の通り、
検索エンジンからの流動が大半を占めるため、
検索エンジンから来る人を焦点にあてます。

アクセス媒体について

スマホの利用率

当ブログのアクセスは
スマホからが全体の70%以上を占めています。

PCとスマホの使用比率

2014年でスマホがPCに追いついたそうです。
今後はスマホが追い抜いていくでしょう。

アドセンス広告を見てもらう事に関しては、
PCの方がモニタが大きく表示する絶対量が多いです。
ですがシェアはスマホが上回っていますし
今後も伸びしろがあります。
したがってスマホの広告配置については
特に重視すべきです。

読者の視点から考える(スマホ視点)

まず、人は知りたいキーワードを検索し流れてきます。
一番求めているのは
検索したキーワードについてであり、
あなたの感想や雑学、
余談ではありません。

オリジナリティーを求め
評価するのはグーグル側です。

実際に検索エンジンでキーワードを検索し、
めでたくあなたのブログに辿り着いたとします。

一個人として考えた場合ですが、
私は活字があまり得意ではありませんので
ブログに辿り着いて軽く流し読みをした段階で
欲している記事が無ければ離脱します。

そして
次の記事を探す場合には…
戻るボタンを使いますよね?

一番上にあった広告が
よほど気になったものであれば
戻ってクリックするかもしれません。

文中にキーワードを記した記事が
あるのにも関わらず
・キーワードを見つけにくい
・辿りつけない
というのは読者にとっても
運営者としても損です。

キーワード記事を発見してもらうことで
読者は必要な情報を得られますし、
運営側としても滞在時間が伸びて
グーグル側でのブログ評価が上がります。

キーワード記事を見つけてもらう対策案

【問題1】
キーワード記事を見つけにくい

【対策案】
見出しタグを使用する

キーワードで取り上げたネタについては
見出しタグを使用し
絶対に存在を主張するべきです。


【問題2】
キーワード記事に辿りつけない

【対策案1】
できるだけ記事の上部に
キーワード選定をした記事を表示させる

【対策案2】
サイトマップを記事の導入で表示し
サイトマップに狙ったキーワードを加える

サイトマップのプラグイン名は
PS Auto Sitemap
是非導入してください。

サイトマップっていうのは
簡単に言うと目次です。

スポンサーリンク

アドセンス広告を配置する最適な場所

上記の対策を取り
これまでの考察を交えた上で
一番需要のある箇所は?

キーワード記事

ですよね?

つまり見出しでくくった
キーワード記事終了の直下に
離脱する選択肢として
アドセンス広告を設置するのがベストです。

ヘッダーに広告を配置した場合、
まず見て貰えるでしょう。
でも、そもそも読者は
情報を求めて入ってきているわけで
記事を確認するために
下にスクロールしますよね。

ブログに入った瞬間に
気になるワードよりも広告が気になる
って人は少ないと思います。

あなたは記事下に
ダブルレクタングルを
採用していますか?
採用しているのであれば
そこまで読者が辿り着く自信があるかどうか。
・記事が濃密であるか
・面白い文が書けるか
が重要になってきます。

仮にキーワードを含んだタグを上部に配置した場合、
そこから下の文はブログを強くする為の
ただの需要の少ない、つまらない
振り絞った文章ではありませんか?

あなたの文が魅力的であり
読者を惹きつける能力があるのであれば、
読者は記事下まで辿り着きます。
そこで初めて広告を見てもらえて
クリックしてもらえるチャンスが訪れます。

広告クリックまでのハードル

step1.読者に見てもらう
step2.広告が気になるものである

当然ですが、
広告を見てもらわなければ
クリックは絶対にされません。

広告の選定については
グーグル側が自動で
いい感じに選定してくれます。

私達に広告の中身はいじれません。

したがって私達が考えるべきは
如何にして広告を読者に見てもらえるか。
ここに尽きます。

ブログ別の広告配置案

広告表示の最適化をするために
媒体(PCとスマホ)によって
広告表示方法を変えるべきです。

ごちゃ混ぜブログ

【特徴】
文字数が多く、
キーワードに関する記事が内容が薄い

【PC設定】
記事中(キーワード記事終了の下)に
ダブルレクタングルで2個
1つは記事下へ。

【スマホ設定】
記事中(キーワード記事終了の下)に
縦並びで2個

【狙い】
読者が記事下まで
辿り着くことが少ない場合を想定。
トレンドブログで文字数が多かったり
反れた文章であれば読者は離脱する。

特化型ブログ

【特徴】
文字数が少なく、力がある。
内容が濃密である。
【PC設定】
記事下へダブルレクタングル。
サイドバーへ1個

【スマホ設定】
記事中へ1個
記事下へ縦並びで2個

【狙い】
読者が記事下まで辿り着く事を想定。
特化型ブログの場合は
ごちゃ混ぜブログに比べ、
なんとなく気になって検索した人よりも
情報を自ら取りに行く意識が強い人が多いです。
したがって読者は記事下まで辿り着く比率が
ごちゃ混ぜブログより高いです。

また、文字数が少なく
必要な情報だけがある力のあるブログは
必然的に記事下まで辿り着く事が多くなります。

【補足】
内容の説明動画と文章
2つの手法を取り入れた記事の場合は
動画は離脱点となるので
動画下に広告を配置するのはありです。

ただしyoutubeをスマホでみ場合
動画が全画面表示されます。
(僕はiphone6使用していて
他の端末については存じ上げませんが。)
サイトに戻る際は
左上の『完了』を押し、もどります。

その下に同じ内容の文章があれば
読者はそこから下に行きません。

ただし動画で100%を伝えるのではなく、
90%を伝え、
重要な要点であったりまとめ
コピペする文などを記事下の直上に置けば
読者は広告の見える記事下まで
スクロールしますね。

いつも同じ挨拶を終盤にしているのであれば、
挨拶は時間の無駄なので
飛ばされる可能性があります。
動画で『記事下にまとめてあるよ』
って伝えるのは、
挨拶前、90%を伝えた段階で
話すのが良いのではないでしょうか?

PCでダブルレクタングルを使用する訳

ブログは上からスクロールするのが一般的なので、
アドセンス記事を2つ同時に見てもらう狙い。
縦並びに2つ設置した場合、
一つ目の広告でスクロールをやめてしまえば
2個目は見てもらえませんね。

果たしてワードプレスで
記事中のキーワード記事内容終了直下
にダブルレクタングルでの配置ができるか
僕には不明ですが。。

P.S.

あれ?
あれだけ推しておいて
サイトマップ使ってないじゃん。
モバイルでの配置違うじゃん。
って思われました?

僕は社会人で、
あまり時間がないので、
アクセスアップの為に
記事の投稿を優先しましたw

サイトマップを使用しての記事作成は
是非やりたいと思っているので、
時間を見て進めていきます。

めちゃくちゃ長い
記事になってしまいました。
こんな記事にこそ
サイトマップが力を発揮するのにね。。

Pocket

 - グーグルアドセンス