たんぼ宅配便~あぜ道便~

さまざまな情報を雑学を交えてお届け!ぜひ立ち寄ってね!

*

BabySteps ベイビーステップ 364話ネタバレ

      2015/11/09

Pocket

<

h2>ダウンロード (10)

BabySteps ベイビーステップ 364話ネタバレ記事

スポンサーリンク

栄一郎vs門馬

最初のゲームは門馬がキープ。

栄一郎は、
怒りの感情でプレイしていた門馬をみて、
パフォーマンスが下がるはずという思いがあった。
しかしながら門馬がスムーズにキープできた事に対して
なにか気持ちに引っかかりがある様子。

しかし自分がすべきことは
気持ちをぶらさず集中すること。
まずは自分のテニスでサーブキープ!

栄一郎が放ったサーブはセンターへ飛んだ。
バックハンドで返す門馬。

門馬はあっさりとスピンサーブを返した。
これをみて、栄一郎は「相手は冷静だ」と捉えた。

門馬は、【期待の若手】と言われる栄一郎に対して
ついつい頭に血がのぼってしまう、
内心そう思っている。

スライスで返す栄一郎。

栄一郎は強打で打ち合うよりも
スピンサーブを活かしてスライスで返すことを選択した。

門馬は栄一郎がパワーから逃げている事を悟った。
(チェンジ・オブ・ペース…)

栄一郎は緩急の球種の変化が
全く効いていない事を感じ追い込まれる。

スライスの次は球威を活かして強いフラット!
栄一郎は勝負を掛けた。

栄一郎の球に素早く反応する門馬。
相手の動きを見て攻撃が来ると察する栄一郎。

門馬
(追い込まれながらのチェンジ・オブ・ペースは…)
(ただの博打だ。)
4e429029
門馬はフォアのストレートで決める。

0-15

観客は威勢がいい。
「出た!門馬の速攻!」
「負けんな!予選上がりの高校生!」

世界ランキング54位である門馬。
彼相手にはチェンジ・オブ・ペースじゃ話にならない。

種村さんとの試合の終盤のように
緩急・回転・コース全ての質を上げて
浅野さんを参考したハイリスクの
チェンジ・オブ・ペースをやるしかない。

栄一郎はハイリスクを負って
勝負することを決意した。

栄一郎のサーブ。
サーブはワイドへ、バックハンドで返す門馬。

速いフラットサーブが入ったら
鋭角を思いっきり狙う!

バックハンドで鋭角に打つ栄一郎。
それを返す門馬。

オープンコートができた!
ここへ速攻強打!!

すごいスピードで追いかける門馬を見て
ビクッとする栄一郎。

門馬のラケットはギリギリ届かず。
しかし栄一郎のショットは惜しくもアウト。
774eec55
0-30

ミスするほど無理して狙ったショットも
あと半歩で届くほど門馬は動ける。

門馬さんは種村さんと真逆で
どんな球でも諦めず
最後まで追う姿勢を
僕に見せつけている…

生唾を飲み込む栄一郎。

スポンサーリンク

2人のラリーが始まり、
門馬の動きが一気に加速する。

互角の状況まで押された所で攻撃にくる!?
…個々が攻守の切り替えなら狙う価値がある..

門馬のバックハンドはクロスへ。
栄一郎の読みが当たった。

栄一郎は球威と深さを考慮して
中途半端なチェンジ・オブ・ペースはせず
バックハンドでストレートに打った。

ショットはライン際に決まり
ed572ede
15-30

なんとか1本とって喜ぶ栄一郎。
一方の門馬は
(追い込まれて無理に打ったショットがたまたま入っただけ)
そう捉えていた。

昨日、浅野の門馬と会話

話題は九尾について。

浅野
「九尾くんは俺(浅野)に似ている。」
その話を聞いて門馬は怒りを露わにする。

門馬
「浅野さんに似た高校生はいるわけない!」
「浅野さんのスタイルはテニス界に交互に現れた
パワーとテクニックの時代を生き抜いてできたもの。」
「一朝一夕で習得できるものじゃない。」

浅野
「あはは。実際門馬くんは術力上位だし自分のテニスをしたほうがいいよ。」
「ただしあのノート。」
「情報戦略は甘く見ないほうが良い。」
「自分のテニスを分析されて状況が変わる前に決めたほうが良い。」

続いてのラリー

リターンした門馬が前に出た。

栄一郎
良いサーブが入っても相手は鉄壁。
攻めあぐねている間に一気に奇襲を喰らう。
リスクを追うなら攻守の切り替え点でコントロールショット!

フォアでストレートに打った。
しかしギリギリアウト。
e859ce7d
15-40

追い込まれた栄一郎。
浅野さんからのアドバイスである
【守る必要がなく攻めづらい状況】を
どうしたら作れるものか。。

守りつつ攻める門馬さんの守りを解ければ
同時に攻撃のリズムも崩せるかも…

ナレーション

早くもピンチを迎えた栄一郎!
果たして凌ぐことはできるのか?

感想

テニスは素早い攻防の中で更に頭脳戦でもあるんですね。
惜しい所を何度か付いている栄一郎。
しかしギリギリアウトな所が多い。

やっぱり技術の差もあるのでしょうが、
色々と頭脳を駆使して立ち向かっている点、
何か打開策が見いだせそうな感じがあります。

次回も見逃せませんね!

Pocket

 - 漫画