たんぼ宅配便~あぜ道便~

さまざまな情報を雑学を交えてお届け!ぜひ立ち寄ってね!

*

クリスマスツリーのおしゃれな飾り6選。通販で安く!

      2015/11/09

Pocket

クリスマスツリーのおしゃれな飾り6選






ダッフィーのクリスマス2015は
オーナメントというよりストラップ?
作りが細かいので、
私なストラップとしても使えますね。
むしろそっちがメインになりそうですw

ちびツリーはツリーの足元を飾るのにおすすめです。
可愛らしいですね。

スポンサーリンク

クリスマスツリーの装飾

・ツリーの枝はきっちり伸ばす
open_1
左の図のように、枝をきっちり伸ばさないと
三角ではなく縦長のフォルムになってしまいます。

電飾のコツ

【ツリーの高さと電飾数の目安】

ツリーの高さ
電球数
150㎝以下
約100球程度
180㎝
約200球程度
240㎝
約300球程度
300㎝
約500~800球程度

・電飾用のライトは多めにする
・電球を見えるように、配線は隠すようにする
・電飾は枝先のみではなく奥にもつけて遠近感を出す

【巻き方の参考画像】
led_3
壁際にツリーを設置する場合は
見えない部分の装飾は不要ですので
真ん中の用な巻き方にすると
使用する電飾数が減らせます。

オーナメントを飾るコツ

・色を統一する
・大きな物から均等に散りばめる
・間に小さなオーナメントを散らす
・木の部分が見えなくなるほどオーナメントを飾る
・離れて見て全体のバランスを見る
・リボンは最後につける

【リボンの巻き方参考例】
ribbon_2

床を飾る

・クリスマスプレゼントの箱を置く
・おもちゃを並べる
・チョッパーを置く
ワンピース チョッパータオル地クッション 新世界Ver. 個人的な趣味が混ざりましたw
【足元を飾るアイテム】
leg_2

スポンサーリンク

クリスマスツリー雑学

そもそもクリスマスツリーはキリストと関係ない。
(クリスマスはキリストが生まれた日)

クリスマスツリーの起源は北ヨーロッパ。
ここに住む原住民が冬至のお祭りに使っていたカシの木。
それが後のクリスマスツリーとなりました。

北ヨーロッパには当時
『キリスト教を信よう』
という動きがありました。

真冬でも強い緑をするカシの木。
永遠に枯れない命の象徴として
ドイツの原住民たちは信仰していました。

そこでカシの木に似たモミの木をすり替えました。
カシの木に見立ててモミの木を使って、
2つの事を原住民へ伝えました。

・頂点は神様であるキリスト
・下2つの頂点は人間と精霊

当時樹木を信仰していた原住民たちは、
樹木とキリストが結び付けられたことによって
いつしかキリスト教を信仰するようになりました。

キリスト教=モミの木
そんな風習が広まり、

キリストの誕生日であるクリスマスには、
クリスマスツリーを飾る

そんな風習が広まりました。

つまり、キリスト教を広めようと
ドイツの原住民が行った事がきっかけで
クリスマスツリーは飾る事になったんですね。

感想

クリスマスはカップルの行事。
独身の人はひとりでうかつに街に繰り出すと
メンタル的にやられますw

クリスマスパーティーには必須のアイテムクリスマスツリー。
できるだけ大きい方が迫力があっていいですね。
準備の手間やかかるお金、装飾品の量を考えると
小さいほうがいいのかも知れませんが。。w

大きいツリーは外へ。
小さいツリーは室内へ。
そんな感じでいいんじゃないでしょうか?

せっかく大きいのを買ったのであれば
12月の頭くらいから電飾を施して、
イルミネーチョンとして置いておくと良さそうですね。

お子さんが居る方は、
クリスマスツリーを一緒に装飾する作業も素敵ですね。
是非親子の絆を深めてくださいね。

Pocket

 - 雑記