たんぼ宅配便~あぜ道便~

さまざまな情報を雑学を交えてお届け!ぜひ立ち寄ってね!

*

FXを攻略しに東京へ!~本編~

      2015/07/29

Pocket

tuuka

瞼の裏に差し込む日差しが、皮膚を伝わり目に染み渡る。
カーテンをすり抜けた、太陽の目覚ましが体にスイッチを入れる。

はい。
小説っぽくそれっぽく書いてみましたw

起床5時。
寝たのは0時あたりでしょうか。
外人に話しかけられるとか人生初。
…ではなかった。
英語の授業以来でした、、
東京は凄まじい。

起床後にテレビをつけてみると27時間テレビの放送がやってました。
音楽のコーナー。
ロックなコーナーが結構良かったです。
内容としては芸人のバックバンド固定と、
ボーカリスト(芸人)が複数入れ替わりって感じです。

テレビを付けならパソコンをカタカタ。
記事も書き終え、時間は9時。待ち合わせは10時半なのでまだ時間がある。
眠くなってきたので二度寝(フラグ)。



11時にFX会場へ到着(遅刻)。
ビルの個室でマンツーマン。
おじさんでした。

長いことFXや株をしていたとの話で、
株で1億稼いで8千万擦ったりして、それはもう地獄だったと。
話が異次元。。

株のビギナーズラックで1億も勝てんのか?w
元々は研究員していて、昔は部屋に閉じこもって一日20時間くらいFXやってたそうな。

今回俺が来たところは、
検索で一番上まで上がるところ。
有名どころなんでしょうか?

「今まで何人くらいきたのー?」と問うと、
『50人くらい。月に1~2人』らしい。
出来上がってから2年ほどしか経ってないとのこと。
中には70過ぎのおじいちゃんが来たこともあるらしい!

ここでコンサルしてもらった人のブログが意外と出てくるんですよ。
5/50人って結構多くない?
俺が検索かけてみたら5人くらいかな?
見つかったの。
そして誰もがきっちり浮かせられているし、やはり気になっちゃうじゃん。
毎月500pips平均ですって。

教えてもらった内容を掻い摘んで話すと
・資金管理
・時間軸やpips軸
・ロジック
・経済指標発表時は注意

まぁこんなところか?
自分でお金払ってるわけですし、無償でここにやり方書くつもりはないです。
著作権的なものもあるだろうし。
上手くいくかどうかの真意もまだ不明なところでもあります。

ざっくりヒントを与えると
テクニカル分析とファンダメンタルズ分析どちらも使い、順張り逆張りどちらも行う。
トレード手法はデイトレとスキャル。

つまり
392bf979
はい。
三刀流ですw

ちまたで有名な手法を組み合わせて、
ABCD全ての条件が満たした時のみエントリーのシグナルが出る、って感じですね。
ABCDが成立するっていうことはそれほど強い根拠があるってことになる。
その分シグナルが出るのは少ないです。
『他の理論もふまえて、シグナルが出ても相場の流れ的にエントリーしない方がいい所もある』
ってのもなんだか現実味あるなーと思いました。
とりあえずこれやっとけば勝てるよ、ってわけでもないと。

利確損切りについてのポイントも全て根拠を持ったところで行う。

スキャルピングに関してはかなり固く取りに行く方法です。
ちょっと前に自分が思ってたのと似てましたが、発想力が欲しいかも。
これもエントリーポイントはかなり少ないです。

経済学者が何十年もの間研究した内容を使用し
実際に数年かけて収益を生み出す方法を確立した物を教わるのは、とても有意義なことです。
学者やトレーダーはかなりの時間を費やして日々研究を重ねて紐解いたものですから。
相場は再現性があるってのが、勝てる理由になるんでしょうね。

違う世界で生活している人の話が聞けるってのは為になる。
サラリーマンであれば周囲にいる人もサラリーマンなわけで、
月手取り30万やれ40万だの、視野が狭まっちゃいますよね。

自分とは関わりのない人とお話できる機会はなかなか良い機会かと感じます。

ってことでExcelでFXの収支管理も行っていこうと思います。
勉強した分だけ直接お金に繋がる株や為替は、とても勉強しがいがあります。
勝負の世界ですし、億万長者も現実味があるし、そりゃー興味ないわけがなくて。

電気の資格なんてもう取る気しない。

電気工事士2種何度か落ちています。
もう受けません。
いりませんそんな資格。
感電して死にたくないですw

これからもFX、ぼちぼち記事にしていこうかと思います。

Pocket

 - FX, 雑記