たんぼ宅配便~あぜ道便~

さまざまな情報を雑学を交えてお届け!ぜひ立ち寄ってね!

*

飲酒運転事故は怖い【遺書が語る、飲酒運転の怖さ】

   

Pocket

目の前に見えた光と共に消えた5つの命。罪の償いはお金ではできない。

スポンサーリンク

飲酒運転はしちゃだめだ

年末恒例、会社の交通安全ミーティング。いつも「飲酒運転は絶対にしない!」だなんて、ふわっとした資料を配られて題材とし、決意表明を紙に起こすわけですが、今日は違いました。ちょっと重たいので、気合入れて読んでください。めちゃくちゃ考えさせられました。

「轍」事故の爪あと(ミーティング資料)

某の国道で38歳の会社員が酒酔い運転で追い越しをかけ、対向車と正面衝突し双方とも死亡した。この酒酔い運転の家族は妻(32歳)と5歳と3歳になる二人の子どもがおり、それまで明るい平和な生活を送っていたが、この事故により一瞬にして幸せは崩壊し、前途を悲観した妻は、某警察署長宛に遺書を残し可愛い二人の子どもを道連れに自殺した。これはその時の遺書である。

遺書

私は、もう生きていく根気も力もなくなりました。署長様、ご承知のように私の夫も死にました。そして相手の人も死にました。夫は自業自得でありましょうから如何様にも責められてもしかたありません。

でも、あとに残った私と子ども二人まで責任があるのでしょうか。私に財産がたくさんあれば、ご遺族の方の気の済むように弁償したいと思います。いくらお金をあげたからと言って亡くなられた人の命を元通りにすることは出来ませんが、でも私には何もありません。

それでも将来家を建てるために貯金していたお金が97万円程あったのでございます。それで私はこのお金とテレビ、冷蔵庫、洗濯機、洋服ダンス、時計、指輪、夫の洋服等も売りました。代金23万円と併せて120万円をお見舞い金としまして、また夫の退職金をも全部差し上げる条件でご遺族の家に持って行ったのでございます。

ご遺族のご両親は「こんな少額で納得できないからもっとお金を出しなさい」と申します。私はこのお金が全財産でございますからこれ以上のお金を調達することはできませんので私の事情を申し上げましたのでございます。

ご遺族のご両親は親戚回りをしても賠償金を出しなさいと申します。でも、夫の親族も私の親族も決して余裕のある生活はしていませんので莫大な金額を調達するのはとうてい出来ないのでございます。

すると次は私に働いて毎月一万円ずつ弁償しなさいと申します。私のような学歴のない人間に何万もする給料を払ってくれるところがありましょうか。たとえ就職することが出来ましたところで、弁償金と家賃を払ってしまうと生活費にまでまわすことは出来ないのでございます。

どうして親子三人生活すればよろしいのでしょうか。罪のない子供達と生活だけは近所の子供達と同じようにしてあげたいと思うのは母として当然のことではないでしょうか。子供達は「お父さんはどうしたの」「なぜテレビがなくなったの」「テレビがみたい」とせがまれます。

子供達は今、すやすやねむっております。これからお父さんのもとに行けるのも知らずに。署長さん、この小さな子供の命を奪う母をばかな女とお呼び下さい。でも、子供をのこしたらなら、あとの子供達の生活を考えると哀れでなりません。親子三人でお父さんのもとにまいります。

ご遺族のご両親のおっしゃることは決してご無理なことではありません。私の夫さえ酒を飲まずに運転していたならば、決してご子息様を死なせずに済んだのでございます。私と子供二人の命とひきかえに、夫の罪をおゆるし下さるよう、ご遺族のご両親様におとりはからい下さいますようお願い申し上げます。

スポンサーリンク

思うこと

やぁ、朝から、何も知らずこれ読まされたけれども。おーもーすーぎーか!!

僕は、お金をいっぱい稼いでいる人を知っています。ただ、お金を積んだって罪は償えないですよ。親族が苦しい思いをして償うべきなのでしょうか?果たして償いとは何なのでしょうか?

飲酒運転をした夫には多大な責任があります。最愛の相手様の命を奪った夫。そりゃあ相手は怒ります。例えば、僕の最愛の嫁が飲酒運転によって命を奪われたのなら僕は一生許しません。

償って欲しいけど、、何をしたって、命と引き換えになる償いなんて無いですよ。加害者の親族である嫁は全財産を叩いて償いをした訳です。メンタルもどん底へ落ちているのに子供はケロッとしていて、ストレートな質問をぶつけてくるわけです。涙止まりませんよ。そりゃあ生きてける状況じゃないです。

周りからは見放され、相談できる人も居なければこうなってしまうのも無理はありません。 無理心中した事を事実を知った被害者はどのような気持ちなのでしょうか? 命を持って命を償うだなんて、そんなことはあっていいのでしょうか?

僕が被害者であれば一生許しはしませんが、無理心中した事を知ってもせいせいしたとは思いませんし、パニックになりそうです。僕なら一生許さないけど、もう関わらないという方向に行きそうかな。とは言え奪われた命に対するはけ口が無くなるのもまた問題なのか..。

加害者側の立場で言えば、どこかへ逃げて生活をするのも一つの手ではないでしょうか?命を断ってお詫びするのは絶対に違います。ただ逃げるのではない、そのようにせざるを得ないと思います。

逃げたとしたって心のシコリは自分が棺桶に入るまで一生なくなりません。亡くなった人を思う苦しみはいつまでも背負うわけですから、それを背負いながら余生を送るのがそれがせめてもの罪滅ぼしになるのではないでしょうか?

というか、嫁がそこまでの責任を背負うべきなのか? 旦那と2人で背負って生きるならまだわかるけど、旦那は居ないわけですしね。もうほんと、どうするべきかわからない。やり切れない気持ち。。

将来を見据えてこの世に生まれた子供たち。好きな人との間に生まれた大切な命までも断ってしまうのは、母親がやることではないです。とは言え状況が状況なわけですし、こんな状況に陥ったら無理心中に走るのもわかります。

なんか、超難しいな、って思いました。「飲酒運転は絶対にしませーん!」とか、そういった次元超えちゃったミーティングでした。

あなたの意見、お待ちしております。よろしければコメントへ思ったこと、書いていってください。

Pocket

 - 雑記