たんぼ宅配便~あぜ道便~

さまざまな情報を雑学を交えてお届け!ぜひ立ち寄ってね!

*

カメレオン人間を複製できる超一流

   

Pocket

実は僕、歌うことが好きでボイストレーニングをしています。以前は、CDの付いた本で評判の良い物をヒントにトレーニングしていました。

スポンサーリンク

天才は、才能ではなく努力の天才

上に続く階段僕の好きなアーティストはB’zで、ボーカルである稲葉浩志が大好きですし、曲も好きです。作詞は稲葉さん、作曲は松本さんと分担しているので、松本さんも好きです。

稲葉さんといえばハイトーンボイスを駆使することで有名で、一般の人がカラオケで歌うには難しい曲が盛りだくさん。でもやっぱり歌いたくて、ひたすら練習をしました。

僕は16歳のころからカラオケをするようになり、歌い始めた頃は全く声も出ず1曲もまともに歌えず喉はガラガラになっていました。そんな人が歌う歌なんて聞けたものではないです。超絶音痴で下手くそです。この音痴は母親譲りで、親の影響を受けるみたいですね。幼少期に音痴な子守唄を聞かされ続けると、不正確な音階が身について、音痴になるようです。

稲葉浩志の事をネットで調べると、あの歌声は「才能」と言う人がたくさん居ます。特別扱いするんですよね。

彼が大学生の頃の音源もYouTubeに出回っていてめちゃくちゃ上手いですしやはり才能はあります。伸びやかな太いハイトーンに綺麗なビブラート。歌っているスタイルは今とは全然異なります。そこら辺の大学生とは到底思えません。

でもね、やっぱり好きで続けた結果の成長でしか無いと思います。才能があっても、何もしない人は伸びません。才能はスタート地点の差だけであって、それは好きなこを続ければ上達するし、埋めることは十分に可能です。

もちろん彼は才能があって尚且つ好きなことを継続し、努力して超一流まで上り詰めたわけですが、『言ってしまえば同じ人間』です。

歌に関して携わる期間が長いから、上達して素晴らしい声が出せているのです。

2016年のソロライブにも行きましたが、声の安定感やばいです。昔の映像では、割と声が出てないシーンがあったりします。

一方の僕は”才能”の”さ”の字もないわけですからその分努力が必要です。彼は多分好きで歌いまくったって感じでしょうけど、同じことをしてもスタート地点が違うんで勉強する必要がありますし、正しい練習をする必要もあります。

好きなことなのに、下手くそだからといって諦めてしまうのが超もったいないです。絶対に続ければ上達しますし、試行錯誤していく中で磨かれていきます。

天才は、好きなことを見つけるのが上手で、好きなことを継続し追求した人でしかありません。

スポンサーリンク

成功する最短ルート

成功の最短ルートは『良い指導者に付くこと』にあります。良い指導者とは何かと言えば、実際に指導をして、受講者を望む未来へ連れていった実績のある人です。実力の証明として、資格の有無も判断基準になるでしょう。

そんな考えがあって、僕はボイストレーナーに着いてトレーニングをすることにしました。

ちまたにある指導本は、その人のレベルに応じた練習メニューが提示できません。極端な話で言うと、ジャイアンにもマイケル・ジャクソンにも提示するメニューは一緒です。ジャイアンがマイケル・ジャクソンのメニュー貰ってもまず基礎ができていないから伸びないし、効果は薄いです。逆もしかり。超非効率ですよね。

発声するレベルは人によって全く異なります。従って自分にあった練習メニューをオーダーメイドで提示してもらって、声を出す筋肉の使い方を覚えたりトレーニングを重ねることが、最短で成功する(歌がうまくなる)ルートです。

この考えは何に当てはめても言えることで、指導者の言っていることを素直に実践したり、上手い人やできる人の真似をする事が成功の近道です。我流はうまくいかないことが多いです。

カメレオンを複製する指導職

場所によって自在に自分の色を変えることができるカメレオンのように、指導職は、受講者の求めている未来へ引っ張って、姿を変えることができます。

僕のボイストレーナーさんが時間を作ってくれて、お話をする時間があったのですが、やっぱり好きなことを仕事にしているだけあって誇りを持っているようでした。

「次のレッスンで声が変わっている受講者を見るとかわいく思える」だなんて事もおっしゃられていました。

料金がめちゃくちゃ安く、作業は全て自分でこなしていてるので、忙しい日々を送っているみたいでしたが、指導者と受講者の距離をできるだけ縮めたいという意図のもと、あえてそういったビジネスモデルを組んでいるようでした。

考え方を変えれば、指導だけに時間を割けばもっと多くの人を指導する事ができるんじゃないかなとも思いますが、まぁ考え方は人それぞれですね。

好きを仕事にできていて、人を変える仕事、『相手を望む世界へ引っ張って連れて行く』っていう仕事は超魅力的に感じました!

Pocket

 - 人気・おすすめ記事