たんぼ宅配便~あぜ道便~

さまざまな情報を雑学を交えてお届け!ぜひ立ち寄ってね!

*

パチンコ スロット 交換率について 貯玉(再プレイ)の優位性

      2015/07/14

Pocket

結論から言います。

等価交換でなければ会員カードを使用しての再プレイは絶対にしてくだい!
お得です!

増税以降、僕の地域では等価交換が禁止になりました。

初期の頃は1000円で50枚貸しの58枚で1000円に交換でした。
俗に言う5.8毎交換ってやつです。

メダル1枚あたりで換算すると、
1000円/58枚=17.24円/枚
1000円入れただけで138円の損です。

ですが持ち玉であれば17.24円のメダルを使用して17.24円のメダルを増やすことができます。

毎回換金したと仮定しましょう。
で、
積もり積もってこれまでの累計投資のメダルが2万枚だとすれば
20000×(20-17.24)=55200円!
こんなに損します!
再プレイであれば損はなし。

等価交換でなければ会員カードを作成しての再プレイ、是非やってください!
パチンコも然り。
夕方から現金投資で打つのはアカン!

再プレイに関して上限が定められている場合があります。
上限があると不利ではあります。
が、不利でもあり有利でもあるんです。

どういうことかというと、ライバルが減ります。
ハイエナの専業が減ります。(多分w)
そして、店側の利益が上がりやすいということは

店側は
設定を使いやすい
回る台を置きやすい
っていう環境になります。
その辺うまくやってかないと客飛びますからね。。

設定狙いをする場合であれば換金率が多少悪くても
ライバルが少なめで客層がゆるく
6が打てる環境であれば結構美味しいと思います。
持ち玉遊戯できますし。
レートが低いと、『等価だったら。。』って思うことはありますけどねw

余談ですが、
俺の通っているホールは増税の初期は5.6枚交換でしたが
現在は4.9枚交換まで交換率が上がりました。
メダル1枚あたり20.4円です!
等価交換よりも高レートで打てる再プレイは有利ですね。

ちなみに個人的なやり方ですが
再プレイ無制限の店舗は貯玉を万枚は貯めておいて、オーバー分を越換金するようにしています。
再プレイ470枚制限の店舗は1000枚ほどしか残していません。

複数店舗分のカード作った初期は貯玉作るための投資が結構かかって大変でした。。

Pocket

 - パチ・スロの勝ち方