たんぼ宅配便~あぜ道便~

さまざまな情報を雑学を交えてお届け!ぜひ立ち寄ってね!

*

B’zのアルバムを紹介③【The 7th Blues】 おすすめ曲一覧(完全俺偏見)

   

Pocket

img_2
B’zヲタがお届けするアルバム紹介その3!
○The 7th Blues
Release : 1994/03/02

[おすすめ曲]
・DISC1
01.LOVE IS DEAD
03. 未成年
04. 闇の雨
05. MY SAD LOVE
10. WILD ROAD

・DISC2
play
01. Don’t Leave Me
03. THE BORDER
04. JAP THE RIPPER
06. 春

視聴はこちら

スポンサードリンク

2枚組のオリジナルアルバムです。
メンバー内では【暗黒時代】と呼んでいるみたいです。
デヴュー当時はアイドル路線でしたが
この頃の稲葉は長髪、B’zとしてメディアの出演も激減しています。
風貌が『どこぞのハードロックアーティスト?』って感じに変わり果てていますw

すべて開放してやりたいことを全力でやった
やりたい曲を作った

って印象を受けますね。

・DISC1
1.LOVE IS DEAD
外人の電話の会話からはじまるイントロ。
「B’z知ってる?B’z来るってよんー。はいよ」てきな感じかな?たぶんw
歌詞の内容はシリアスな感じで、
『別れた女を引きずって前すら見ない男が悶えてる』って感じ。
この曲もかなり好きです!
これもライブバージョンのほうが艶めかしくて悶えてる感じがあって好きですね。
フェイクが全然違いますね。
終盤のシャウトも違う。

  1. 未成年
    大人の世界に入れてもらえなくてぐずってる少年を歌ってる感じ。

  2. 闇の雨
    好きですねー。
    雰囲気があるしっとりとしたバラードです。
    歌詞が鮮明で情景が浮かんできやすいです。

  3. MY SAD LOVE
    個人的に、この曲と前に紹介した「未成年」が被るんですよね。
    曲が似てる感じがする。
    昔の恋を煩い悩んでいる女性と付き合っている男性の感情を歌っています。

  4. WILD ROAD
    B’zの楽曲で唯一、メンバー以外の人物(高嶋りん)がボーカルのメインパートを一部歌っている。
    ライブでは、この部分の歌詞が変更され稲葉本人が歌った。
    どこまでもドライブしてこー!的な感じかなw
    ノリが良くてハネてる感じがとってもいい!

・DISK2
1. Don’t Leave Me
シングルカットされてますね。
渋いです。
ハードロックバラード。
アギャギャギャシャウトはライブでの名物になっていますw

  1. THE BORDER
    しっとりポップスとでもいいましょうか。
    地味にボーカルの高音がキレイに高く出ていて、歌うのが難しいですw
    未演奏曲だそうです!

  2. JAP THE RIPPER
    ロックな曲。
    はねたリズム。
    RUNで紹介したOut Of Controlににた印象を受けます。


  3. 不倫の歌です。
    艶めかしくイケナイ香りが曲から漂います。

B’z The Best “ULTRA Treasureの特典DVDにも収録されています。

めちゃくちゃいいですねー。
久しぶりの演奏ということもあって、
前奏でお客さんから「わー」と嬉しい声があがっていますw
ちなみにCD2枚組みの物とDVD付き3枚組があるので要注意!

よろしければ以下もチェックしてみてください!
【B’zおすすめアルバム紹介記事一覧】
B’zアルバム【RISKY、IN TEH LIFE】
B’zアルバム【RUN】

Pocket

 - B'z